院長のゆかいな日記この日記は不定期更新です。お時間のあるときにフ〜ンくらいの気持ちでお付き合い頂ければと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
医学の常識を変えていく。 21:50
0

    一人の男性が。

     

    副院長が朝5時30分頃玄関掃除をしていたら一人の男性が大きな声で「おはようございます!」と寄って来られました。そして「この度は女房を治して下さり、本当に有り難う御座います!どこの病院に行っても治らず手術も考えておりました。先生、本当にありがとうございました。」と丁寧に挨拶されて、どなたか分からなかったのですが、聞かせてもらうと「Sの旦那です。」と言われてピンときました。

     

    本当に酷い痛みが長く続いていました。病院や整形外科を回って色々聞かれて来院されました。何度も「先生、本当に治りますか?」と尋ねられましたが「治りますよ。信じてね」の言葉通り治りました。

     

    人生を一変された方のご主人のお言葉です。

    励みになる嬉しいお言葉です。

     

    ◎左肩を痛めました。

    Iさん(49歳)は車に乗ろうとした時に足を滑らせて手を衝いて左肩を痛めました。

    激痛で手を挙げることが出来ません。

    来院時です。

     

    激痛で手を挙げることが出来ません。

     

    いかなる時も歪みを元に戻すんです。

    これは、奇跡の施術です。

    2日目です。

     

    激痛はましになりましたが、痛みは残存し手

    はまだまだ挙がりません。

     

    でも、完璧に戻してあるんですよ。

    4日目です。

     

    もはや説明の必要はありませんよね

     

    やっている私たちにもいつも感動がありま

    す。

     

    | - | comments(0) | - | posted by 院長先生 - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>