院長のゆかいな日記この日記は不定期更新です。お時間のあるときにフ〜ンくらいの気持ちでお付き合い頂ければと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2,3日の嬉しい出来事です。 00:06
0

    この2,3日の患者様との出来事です。

     

    舞台の上から落ちました。

     

    いつも運動神経の良いM君が学校の体育館の舞台の上から左肩から落ちて負傷し手が挙がらなくなりました。

     

    来院時です。

    施術後です。

    説明の必要はありませんよね。

     

    魔法みたい。

     

    小学校6年生のIさんはバスケットボールで小指を突き指してしまいました。

     

    1週後、お母さんが「娘が魔法のように早く治った。と喜んでいました。有り難う御座いました。」と、嬉しいお言葉を頂きました。

     

    働けるようになりました。

     

    Sさんは約1時間かけての通院です。交通事故以来近くのスーパーまでしか行けないくらい体の調子が悪かったんですが、元に戻すことを説明し「しばらく、うちに騙されて来て下さいね。」と、お伝えしていました。

     

    そのうち、家を出ることが出来るようになりました。そして「この4月から働く所が決まりました。」と嬉しい報告でした。

     

    突然の電話です。

     

    Mさん80歳の娘さんから母が「持病のラトケ嚢胞(正常な下垂体を圧迫することでホルモンの異常が起こりさまざまな症状を出す)の症状からかも知れないと、お医者様から言われて、疲れからか、言動までおかしい。先生、診て下さい」と来院されました。

     

    色々、あるんですが一目見て分かりましたので「ここから帰る時には楽になって帰れますからね。安心してください。」と伝えると施術に入りました。

     

    1時間をかけて帰られます。娘さんから電話がありました。

    「母が楽になってとても喜んでいますので、先生によろしくお伝えください。」と、とても喜んで電話を頂きました。

     

    胸が痛い。

     

    Sさん37歳を施術しようとカーテンを開けた時に私が何故か「何で、胸が痛いの?」と分かったので尋ねたんです。

     

    Sさんは、えっ!?という表情で「胸?えっ?私ですか?」「そう、何で胸が痛いの?」ともう一度尋ねました。

     

    すると「えっ!?あっ!そうなんです!私この後、婦人科に行こうと思っていたんです。でも、何で分かったんですか?」とても驚いた表情です。

     

    私は「何でか分からないけど、私がぱっと分かったんだから、もう大丈夫。」と言って大丈夫にさせて頂きました。(笑)

     

    咳が止まらない。

     

    Mさんから電話が入りました。風邪をひいて薬をもらったのに咳が止まらないとのこと(保険は使えません)。

    「直ぐに治してあげれるけど、3回くらい通える?」と聞かせてもらうと、「3回ですか?3回で治るんですか?」

     

    「いや、一回でかなりましになるけど、念のためね。」

     

    二回目の施術の時「昨日は眠れましたか?」「お蔭様で、ほとんど出なくなって、良く眠れました。」

    良かったです。

     

    | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 院長先生 - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://fumonshiki.jugem.jp/trackback/285
    << NEW | TOP | OLD>>